静岡県富士宮市上野地区の超絶ローカルな情報サイト

日蓮上人(日蓮宗の僧侶)

日蓮(にちれん)は日蓮宗(法華宗)、日蓮正宗、創価学会等々、様々な日蓮系の宗派の祖となっている鎌倉時代の僧。

  • 1222年(貞応元年)、安房国長狭郡(現在の千葉県鴨川市)の生まれ。
  • 1233年、12歳頃に清澄寺(千葉県鴨川市の寺院)に入門。
  • 1238年に出家。
  • 以来、比叡山延暦寺、三井寺、薬師寺、仁和寺、高野山、天王寺、東寺など、様々な寺院に遊学していった。
  • 1253年(建長5年)に、日蓮が「南無妙法蓮華経」と題目を唱えたのが日蓮宗の始まり。(ただし、当時の呼称は法華宗であった)
  • 1257年(正嘉元年)に、富士山興法寺大鏡坊に法華経を奉納した。
    • 興法寺とは村山修験の中心地であり、現在の村山浅間神社(富士宮市村山)などと共に構成されていた。しかし、1868年の神仏分離令により興法寺は事実上消滅していくこととなった。これについては「富士おさんぽ見聞録」に詳しいので参照下さい。
  • 1260年(文応元年)立正安国論が完成。
  • 1261年(弘長元年)伊豆国(現在の静岡県伊東市)に流罪になる。
  • 1271年(文永8年)佐渡に流罪になる。佐渡時代に、重要な教学の著作物や、法華曼荼羅などを完成させるなど、重要なターニングポイントとなった。
  • 1274年(文永11年)身延山に久遠寺を開山。
  • 1282年(弘安5年)日興上人をはじめとする六老僧と呼ばれる6人の弟子を後継者として定めた。
  • 1282年(弘安5年)現在の池上本門寺の地(東京都大田区池上)で死去。満60歳であった。

様々な宗派の祖として

法華宗(日蓮宗)はその弟子たちにより、長い期間の間で様々な門流に分かれていった。日蓮はそれら多くの日蓮系の宗教団体、各派の宗祖として位置づけられている。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

広告

上野の里まつり協賛企業

清観光

ホームページ制作の有限会社カボスメディアワークス

広告

uenohills
PAGETOP
Copyright © 上野ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.