県道白糸富士宮線の上野バイパスが、ついに測量開始されたようです!

・・・といっても、なんのこっちゃ!わからない方も多いと思いますが、通称「上野銀座」と上野民が呼んだりもする、スーパーぎんこう、スーパーマルシュウ、居酒屋清などがあるあのメイン(謎)通りが、狭小であることから交通安全の面からバイパスの設置が提案されてきました。

「住民意見を取り入れた協働による道路計画づくりにチャレンジ」ということで、平成14年に「県道白糸富士宮線上野バイパス建設促進期成同盟会」が結成され、意見交換、住民説明会、ルート検討などが行われてきました。

で、そのルートがどこかというと・・・口では説明しづらいので、地図を作ってみました。例によって地図はGoogleさんから引用させてもらっています。

そう、上野の消防署分署、上野会館を下るとソフトクリーム屋のティコさんのところで突き当たったわけなんですが、あそこから道が伸びる感じです。

  • 上野会館南・ティコの突き当りから延伸
  • 矢部牧場の東を通過
  • 微妙に怖い、ゴミ集積場のある「ゆるやかなくの字カーブ」を改良して、そのまま南下
  • 牧野酒造さん北東部をゆるやかにカーブを描きながら東南東へ
  • 法善寺さんの下を通りぬけ
  • 大正建設さんの目の前の大きなカーブのところに接続

uenobp-uenohills

という感じで、かなり交通状況が改善されますね。

上野の多くは田んぼなので、土地収用にかかる住宅も最小限に抑えながらルートを検討したようです。

期成同盟結成から11年目でようやくめどがついた今年、10月よりついに測量が開始されました。

写真だとすんごくわかりづらいのですが、畑の中に、測量したマーカー?がたっています。黄色やピンクのマークがついています。(下記写真は牧野酒造北東の畑から)
sokuryo

完成までには、早くて7年はかかるらしい?ですが、上野民を中心に10年以上取り組んでいる事業なので、一歩一歩、粘り強く確実に、トラブル無く、完成につながってほしいと思っています。